検索

【Blog】2人の自分。―Just The Two Of Us


みなさんお久しぶりです。お元気でしょうか。

こうして見てくれているであろう人に何かを語るのが好きな27歳独身です。(笑)

さて先日はレコーディングの投稿をしましたが、

ミックス作業を終え、現状もう少しで完成というところまでやってきました。

私にとって初めてのアルバムで、至らない部分もあって

様々人に迷惑をかけてしまって正直、申し訳ない気持ちが強い中に、

ありがたい気持ちがありました。

しかしながら、少しずつ糸の絡まりがとれ、

アルバムを制作することで何か自分の今までの傾向や、

いわば人生の振り返りというか、

今まで逃げていたことに直面する毎日を送っています。

例えば私が良く使ってしまう言葉で

先ほども冒頭で挙げたように、

すみません、ごめんなさい、等の謝る言葉。

必要な言葉だし、使う方も多いと思うけど、

相手に距離を作る言葉だなって。

そして自分を閉ざして守る言葉。

防御みたいな、そんな印象なんだって思いました。

私は すみません が多い人間だから

ありがとうを伝えられるように転換して、

その分何かをお返しできるようなそんな素敵な人になりたいし、

自分がそう思ってもらえる人間になりたいなと思います。

何かを作ったり、

新しいものをはじめる時って

今までの自分のダメな部分だったり、

逆に良い部分が顕著に見えますよね。。

先ほど話したことと関連して大きな気付きがあって、

何かしらの障害にぶち当たったとき、

自分という人が2人いて どちらかが出てくる、ということです。

一方は楽観的で、実直、しっかりしていて外交的。損を取って得をする性格。

もう一方は軟(やわ)で逃げ腰、陰鬱で内向的、前者とは真逆の自分。

細切れに時間刻みだったり、長いと一週間くらいというような気もします。

両者とも性格は推定ですが、私は声の響きも違うということが最近分かりました。

前々から少し気づいてはいたのですが、

レコーディングを経て確信に至りました。

自分でもまだ実態がつかめていないのですが、

断言します、私は2人います(笑)←

↑やばい奴だ…となった方はごめん(笑)

それがはじめて分かったのが、大学卒業した後っていうかなり遅いタイミングなのですが、

近親者やある程度近しい友人に話をきいてから気付きました。

言われたこと対して、過去になぜ自分がそういう言動をとったのかが分からなくなっているのです。

例えば昨日の私がしていた言動を周りから聞いたときに、

今日の自分だったらありえないと思うような「私」がいて、

本意ではない(どちらが本位なのか分からない)というような。

その違いに大いに悩んでいます。

極端なものだと暴れていたり、マシンガンのように暴走して話していたりということもあったようです。

その一つ一つが、どちらかの人格であるときには忘れてしまっています。

そういう傾向は多かれ少なかれみなさんあると思うのですが、

自己の2面性は気付けば、声そのものや歌の中にも顕著に現れて、

歌う状況や編成、時間、もっと細かく言えば毎秒変わってしまいます。

私という代わり変わる2人の存在。

医者は病気だというし、

こうして書いている間にも…と思うと怖くもなったりします。

しかしながらここに書こうと思ったのは、

きっと同じように悩んでいる方もいるだろうし

悩みながらも必死に心を落ち着けて向き合おうと思ったからです。

そして私という2人の存在をつなげているのが音楽であるということで、

こうして気持ちを綴っておくことで気を確かに、

お互いが目指すゴールを明確に掲示しておきたいのです。

私という2人が手をつないだのか、

また別の私か誰かが現れてたまに繋げようとしてくれているのかは分かりません。

ですが、そのどちらもが歌に反映されはじめて

ようやく良い歌だと自分自身でも、周りの方々からも言われるようになってきたのです。

その瞬間に新たな感情のストックが生まれたのか、別に新たな私が出てきたのか、

何なのかは分かりませんが

どちらかというと何かが解けていくような

そんな味わったことのない心地よい感覚に浸れたのです。

私が歌を続けていて苦しいことの方が多かったので(もちろん楽しいと感じることも多かったです!)、

継続している理由が長年理解できなかったのですが

2つある魂が1つに統合されるその瞬間をただ増やしたいのだと。

そしてその音を聴く人が笑顔になったり、泣いたり、笑ったり、感謝されたり、

そんな瞬間に立ち会いたいのだと。

今こうして1つのカタチとなるはじめてのアルバムが

私達(私の中の2人)をつなげた存在であるような気がしてなりません。

立ち向かうべきところに立ち向かい、

頼れる部分は任せたり、甘えたり、それでいい。

それを気付かせてくれたのは とある人のおかげなのですが、

お返しできるように今は感謝して目の前のことに立ち向かっていきます。

「Leave Love Behind」の1曲目はまさにそんな自分に当てられたような曲でした。

ブックレットにその思いを認めています。

過ぎた悲しみにも意味がある

雨が虹に変わるとき

降った雨が柔らかな朝もやにるとき

ただ 2人がいた 日常に意味や輝きがうまれる

新たな物語は空を越えて

2つの希望は 1つの カタチになる

I see the crystal raindrops fall

And the beauty of it all Is when the sun comes shining through

To make those rainbows in my mind

When I think of you sometime

And I want to spend some time with you

Just the two of us

We can make it if we try

Just the two of us

Just the two of us

Building castles in the sky

Just the two of us

You and I

物事には二面性があって、きっと、きっと隣り合ってやっていけるはず。

私達の有り様をを認めて、

何か1つを守って、躓けど、苦しめど、教えや許しを乞い進んでいく。

そうすれば涙は日を浴びて輝くし、一つの虹が掛かって

天空のお城のように 大きな成果を得ることができる

そんなことを歌ったような、曲だと思って

大切に歌い続けます。

―おまけ―

長くなっちゃったし、何だかずっしりシリアスな内容になった気がしたので 笑

先日のレコーディングの感じをちょこっと。

写真はギターはnana(音楽アプリ)からの友達でマブのKentaことけんちゃん。

パーカッション、ウドゥドラムをメインで演奏してくれたへっしー。

私の既存のオリジナル曲もレコーディングしてました!

アルバムには収録されませんが、こちらもお披露目できるかな。

楽しみにしてて下さい♪

ではまたね~~~


0回の閲覧

© 2018 Hori Katsura and Katree Music All Rights Reserved.